Top > サブマシンガン > PP-19 Bizon


&attachref(./pp19_bizon.png,nolink,80%);
|CENTER:160|>|>|>|>|>|>|CENTER:60|CENTER:|c
|実装日|価格|売却価格|ダメージ|反動制御|連射速度|正確度|装弾数|移動速度|h
|2015/12/02|||59|28|77|80|53/106|7.8|
※2016/12/07 -[[オルゴールボックス(SP)]]&ショップにて期間性販売開始

*アドバイス [#rc74dde3]
サブマシンガンの中で最も多い装弾数が特徴のロシア製サブマシンガン。
威力も1発HSがあり、連射力もサブマシンガンの中では遅いが全武器で見ると非常に良好な連射力を持つ。
さらには集弾性も悪くはない・・・のだが、[[SC>アサルトライフル/SCAR-H]][[AR>アサルトライフル/SCAR-L]]系のような左右ズレを持つ集弾を20発したあと破天荒な連射となる性質を持つ。
連射するには弾道を見抜く力が必要となる。できなければバースト撃ちを推奨する。
総合としては1発HSがある分誰が使っても近距離なら問題なく戦える。しかし距離が離れると[[P90>サブマシンガン/P90]]より安定した成績を出すには腕が必要となるだろう。
逆に弾道を見抜く力が優れているなら、これ以上の無い武器となる可能性がある。(編集者はそこまでないので可能性として提示するにとどめておく)
#br
※アイアンサイトでのアドバイス
上記にあるようにやはり弾道が見難い上に、振動エフェクトで見失いやすい。
[[AK103>アサルトライフル/AK103]]よりも画面が銃で隠れる部分が多い上に、着弾点は[[AK103>アサルトライフル/AK103]]と違いサイト先端よりやや下となる。
[[G36C>アサルトライフル/G36C]]同様課金が優遇される武器といえる。
ただしバースト性能は[[UMP45>サブマシンガン/UMP45]]より高いので弾数のメリットも考慮すれば[[UMP45>サブマシンガン/UMP45]]同様アイアンサイトでも十分通用する武器である。
[[AK103>アサルトライフル/AK103]]よりも画面が銃で隠れる部分が多い上に、着弾点はAK103と違いサイト先端よりやや下となる。
ただしバースト性能は[[UMP45>サブマシンガン/UMP45]]より高いので弾数のメリットも考慮すればUMP45同様アイアンサイトでも十分通用する武器である。
[[G36C>アサルトライフル/G36C]]同様課金が優遇される武器といえるだろう。
#br
-&color(Red){メリット};
--&color(Red){威力が高め。};近距離では胸撃ち4発キルも存在する。1発HS距離は32m。
--集弾性が割りと良い。腰撃ち、AIM時共に前半の集弾性は悪くない。近距離なら問題なく戦えるだろう。AIM時精度100%。
--移動速度が割りと速め。
-&color(Blue){デメリット};
--&color(Blue){集弾性は良いが左右ズレが大きい。};中距離以上では弾道の見極めが必要。性質上サプレッサーやアイアンサイトとは相性が悪いと思われる。
--連射速度がサブマシンガンとしては非常に遅め。近距離のゴリ押しが通用しにくい。
--反動が大きい。性質上、集弾性を活かすにはかなりのスキルが必要となる。
--リロード速度がサブマシンガンとしては遅め。また音がリロードの最初に発生するため、タイミングに注意したい。

*映像 [#fae69f5b]
#htmlinsert(youtube,id=Sd7ghWwEmsU)

*銃器紹介 [#m404b6ed]
PP-19 Bizonはロシアのヴィクトル・カラシニコフ、­アレクセイ・ドラグノフが1993年にAKをベ­ースにして開発した機関短銃です。&br;
「ビゾン」とも「バイゾン」とも呼ばれるPP-19は「ヘリカルマガジン」という特殊­なマガジンを使用することにより、
9mmパラべラムなら53発、9mmマカロフなら64発という驚異的な装弾数を保有しています。
また、AKベースということで、堅牢かつ簡単に扱うことができる安心設計です。
9mmマカロフ、9mmパラ以外にも、.380ACPや貫徹力重視の7.62mmトカ­レフを使用するモデルも存在しています。
#htmlinsert(youtube,id=xKEOOHoiQ5c)

*コメント [#k0512a5f]
#pcomment(,reply,10,)
#br