Top > ショットガン > SAIGA 12


&attachref(./saiga12_right.png,nolink,65%,);

#br

|CENTER:160|>|>|>|>|>|>|CENTER:60|CENTER:|c
|実装日|価格|売却価格|ダメージ|反動制御|連射速度|正確度|装弾数|移動速度|h
|2013/06/26|||73|0|30|43|10/30|7.0|
|実装日|価格|売却価格|ダメージ|反動制御|連射速度|正確度|装弾数|子弾数|移動速度|h
|2013/06/26|||73|0|30|43|10/30|6|7.0|
#br
#region("どんなのか")
&attachref(./SAIGA12Python_06.jpg,nolink,70%,);
&attachref(./SAIGA12Python_02.jpg,nolink,70%,);
#endregion

#br
*アドバイス [#rc74dde3]
早い連射力とボックスマガジンによる回復力が光る散弾銃。
しかし威力と集弾性が非常に低い為、他のSGと違い中距離から走って敵に奇襲をかける攻撃は向かない。
物陰に隠れる、スモークなどを有効に使うなどをして敵との距離を至近距離レベルまで持って行こう。
上記の点から爆破などのモードで使う場合、立ち回りとマップへの理解が非常に必要となる点に注意。

-メリット
--ショットガンの中で最も早い連射速度
--ボックスマガジンなので弾切れしても全弾完全にリロードし終わるまでが早い
--AA-12より反動が低い

-デメリット
--BenelliやRemingtonと違い1回の発射で飛ぶ弾が2発少ない
--集弾が悪い
--やや足が遅い
//--弱い

''武器バランス調整後''
敵を1発で倒せる距離はほぼ変わらないものの、HSに必要な弾数が減っている。
以前の様に目の前にいる敵の頭に当てて、相打ちすら出来ずに負けるということは少なくなった。
*映像 [#fae69f5b]

#htmlinsert(youtube,id=dXJcY18R0L8)


#br





*銃器紹介 [#m404b6ed]
ロシアのイズマッシュ社が開発したボックスマガジンタイプのセミオート式散弾銃。
本銃は世界三大ライフルとして呼称されるAK-47の系列をくむものであり、内部機構のガス圧ロータリーシステムは互換性は無いにしてもほぼ同一のものである。AK-47をベースに開発されているため耐久性や信頼性が高く、その上SVDやAKのスコープを装着して使用することもできる。さらに低価格で、AK-47と同じくボックスマガジンを使用して銃弾の装填ができるため、ショットガンのマッチレースなどにも注目を浴びている。
また、日本で所持が出来る散弾銃の一つであり、410番、20番、12GAの3種類の口径がある。日本の法律に合うよう、ピストルグリップからライフルグリップの形式に変更されているのが特徴で、弾倉の装弾数も2発に改造されている。また、ライフルストックでは握りにくいこともあり、所持者によってはドラグノフタイプのストックに改造しているものも見られる。
なおFPSにおいてはSaigaシリーズのショットガン型、12ゲージ弾使用モデルのSaiga 12が有名だが、この他にもライフルや.408ゲージスラグ弾仕様などのようにAKのバリエーションと肩を並べるほどの種類がある。

#br


#htmlinsert(youtube,id=tD0PKDGlwiw)
*コメント [#k0512a5f]
#pcomment(,reply,10,)

#br