Top > ショットガン > USAS-12


&attachref(./usas12_asura_right.png,nolink,100%);
※画像はUSAS12 Asuraのもの
|CENTER:160|>|>|>|>|>|>|CENTER:60|CENTER:|c
|実装日|価格|売却価格|ダメージ|反動制御|連射速度|正確度|装弾数|子弾数|移動速度|h
|2015/11/18|||69|0|29|43|10/30|8|4.6|

*アドバイス [#rc74dde3]
SAIGAに匹敵する連射力を有しながら子弾数が8発と多めなのが魅力のショットガン。
圧倒的な制圧力で敵にプレッシャーを与え反撃の隙を見せること無く倒すことができる。
反面、致命的なのが移動速度で基本的に待ちの姿勢になりやすい。
防衛側で使うことが多くなるが、爆弾を設置されるなどこちら側が攻める立場になると魅力を出す状況を作りにくい。
常時使うのではなく戦況に応じて武器を手放すという判断も必要だろう。
2017/04/26よりSPガチャ、及び店売り開始


#BR
-メリット
--高い連射力を有しながら子弾数が多い。全子弾命中ならSAIGAを上回る威力を発揮する。(ただし胴打ち1発のキルは取れない)
--割りと扱いやすい反動
-デメリット
--&color(Blue){単発威力がかなり低い。};ポンプアクションの銃と違い明確に近距離向けである。また基本的には全ショット命中を求められる。2発以上外した場合間違いなく返り討ちに遭うだろう。
--&color(Blue){単発威力がかなり低い。};ポンプアクションの銃と違い明確に近距離向けである。
また基本的には全ショット命中を求められる。2発以上外した場合間違いなく返り討ちに遭うだろう。
--&color(Blue){移動速度がかなり遅い・};ARでも遅めのAK103に近い数値である。今までのショットガンと違った立ち回りが求められる。
*映像 [#fae69f5b]
#htmlinsert(youtube,id=kLCSqbLpTr0)

*銃器紹介 [#m404b6ed]
アメリカの銃工だったマックスウェル・アッチソンが1970年代に設計した[[AA-12>ショットガン/AA-12]]をベースとして、ギルバート・エクイップメント社のジョン・トレバーJr.が1980年代に再設計した軍用自動式ショットガンである。
ギルバート・エクイップメント社は本銃を生産するだけの設備を有していなかったことから、製造を韓国の大宇精密工業社に委ねた。フルオートでの射撃が可能な非常に珍しいショットガンで、毎分360発の速度で放たれる散弾は、特に近距離において驚異的な破壊力を誇る。&br;
弾倉は10発のボックスマガジンと20発のドラムマガジンが使用できる。ただし、ガス圧作動方式を採用したため、ファクトリーアモと火薬の量が同一でない弾薬や、ケース長が長い弾薬は使用できない。
一応発射する事はできるがスムーズな排莢が不可能となるため、射撃前に注意が必要である。&br;
デザインはこれまでのショットガンと異なり、ボックスマガジンがグリップの前方に配置され、マガジンの着脱が容易となっている点はむしろM4カービンのようなアサルトライフル(カービン)に近い。
しかし、ショットガンとしては重量が嵩み、大きく嵩張るために使い勝手が悪い。無論、迅速な行動が求められる特殊部隊向けではなく、軍用としてのショットガンそのものに無理があった事から、軍での採用は見送られている。
#htmlinsert(youtube,id=0HbyPBKGVaM)
*コメント [#k0512a5f]
#pcomment(,reply,10,)
#br