Top > マシンガン > L86A1

マシンガン/L86A1
HTML ConvertTime 0.037 sec.

L86A1_002.png


Ver実装日価格ダメージ反動制御連射速度正確度装弾数移動速度
Mk.12012/07180006056645075/2252.8
Mk.22012/09-110/2201.3
Mk.32016/01-60/1804.2

アドバイス Edit

連射速度こそやや遅めだが悪くない精度で、マシンガンの中では最も汎用性に優れた武器といえる。
迷ったらコイツを持っていけば間違いは無い。
一方でノンAIM時、AIM時の初弾精度はMGの中で中間レベル。
初弾数発で決めるのは少し苦手な所がある為、すでに位置バレしている状態で遠距離を戦うのはやや無謀と言える。
MG全般に言えるが、相手に弾が当たると強くひるませる(相手の照準が激しくゆれる)特性がある。
なお木箱の貫通胸撃ちに7発必要とする。RPKと並んで同数だが、貫通HSのダメージは60程度となる。

  • メリット
    • ダメージが高い。全距離ヘッドショット一撃
    • オールレンジで戦える精度と特性を持つ。
    • MGの中ではリロードが最も早い。が、一般的にはやや遅い。(約3.2秒)
  • デメリット
    • 足が遅い。しかし、MGの中では早い方である。
    • やや連射速度が遅い

●Mk2の特徴及び違い
移動速度を犠牲に装弾数を上げたモデル
火力と装弾数の良さは非常に魅力で敵への制圧効果は高い。
しかし移動速度が1.3とHK23Eより下回る為グレネードなどに対処しにくい点に注意。(移動速度は約半分以下になっている)
影響の少ないPvEに持ち込めばエース級の活躍が期待できる。


●Mk3の特徴及び違い
装弾数を犠牲に移動速度を上げたモデル
移動速度が4.2とARと遜色ないレベルまで向上。(移動速度はちょうど1.5倍になっている)
L86が持つ安定感を前線に遅れること無く展開しやすくなり、ステージを選ばないオールマイティーさを手にした。
しかし装備弾数は少々壁打ちをするには心もとない。可能であるならばマガジン+1を装備しておきたい。


オルゴールボックス:L86A1(Stinger)

映像 Edit

Mk1


 L86A1 Mk2 試射動画 クリックで展開します


 L86A1 Mk3 試射動画 クリックで展開します


銃器紹介 Edit

UK.png イギリス
 イギリス軍で採用されたL85に分隊支援火器としての改良を加えたものが本銃、L86A1である。
これらの銃器郡はロイヤル・スモール・アームズ・ファクトリー社(RSAF)のSA80ファミリーと呼ばれ、L85と派生の総称として用いられる。
分隊支援火器として運用するために、バレルは長銃身化にし、バイポッド(二脚)の装着と
機関部下部に伏せ撃ちの際に、反動軽減のために握り込むバーティカルグリップなどを装着している。
現在のイギリス軍では本来の役割である分隊支援火器から一線を離れ、その高い遠射能力と精度を生かし
マークスマン(選抜射手)ライフルとして運用されているようだ。
 SA80が開発されたのは1985年に上る。イギリスは世界より先に小口径高速弾の有用性について世界にアピールしていたが
M14採用時のアメリカが、半ば強引に使用弾薬である7.62mm×51弾をNATO弾として制式化したため、イギリスは同様にFN FALを採用し歩調を合わせた。
しかし、ベトナム戦争で小口径高速弾を用いるM16の活躍が目立つと、今度は5.56mm×45弾をNATO弾として定めるなどアメリカの強引さが際立った。
そしてイギリスはほぼ独自路線で本銃の開発を試み始める。当時は5.56mm×45弾をも使用しない構えだったとされている。
だが、試作は数多いが肝心な結果を出すことができずに開発は困難を極め、イギリス独自の弾薬である4.85mm×44弾から
ベルギー製の5.56mm×45弾(通常の5.56より性能の良い)が開発されると、ついに妥協し5.56mm弾を採用し完成したのが
L85A1であった。しかし、問題はさらに続いた。設計に重大な問題が存在し、射撃中のマガジンの脱落や弾詰まり。それに伴う機関部の破損など
その場で解決できないようなことが多々発生し、今まで孤立主義を貫いてきたがこれにも妥協し、ドイツの銃器メーカーH&K社へ改修を依頼し
L85A2となった。A2になるとそこまで重大な問題は発生しなくなったが、全軍に配備されたL85の改修に投じた金は約9500万ポンドであり
一丁当たりの改修価格でH&K製のライフルが調達できるほどの金を投じた。それでもまだ問題を抱えているらしいが
イギリス政府はL85及びL86などのSA80ファミリーを2020年までは使い続ける方針だと言う。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • L8とK3の性能を大論議したコメントは
    削除するべきとのお声がありましたが、簡単に削除するのもアレなのでとりあえずコメントアウトにしました。
    ここはL8のコメントページなので、それ以外のコメントは他の場所でお願いします。
    また、コメントを書き込むときは読む側の事を常に考えた上で書き込みをするようにお願いします
  • L8の火力と一撃ヘッドは魅力。
    リロードが速いのも有難い。
    移動速度も問題なし。
    ただ、フルオートだと多少バラけるが、素直なのでコントロール可能。 -- 2016-06-11 (土) 06:50:05
  • PvEのディフェンスでL86A1は最強の火器だと思う。 -- 2016-07-06 (水) 14:51:08
  • L86のMk2が欲しい。
    だが、フラグメントの塗装がダサすぎて課金する気が失せる。 -- 2016-07-11 (月) 11:25:41
  • 無課金に優しいPvEしかやらない俺様はディフェンスやサバイバルで、いつもL86A1様を使っている。
    この素晴らしいSMGがオルゴール回すまでもなくショップで売ってるのだから驚きだ。 -- 2016-08-09 (火) 14:08:31
    • SMGじゃなくLMGだったw -- 2016-08-09 (火) 14:10:17
  • 使いすぎて飽きた。 -- 2016-08-06 (土) 22:49:04
    • そんなアンタの愚痴はいらん
      そうやって愚痴るならTwitterでも初めて
      一人で愚痴ってろ
      ここは、アンタの愚痴を書く場所じゃねぇ
      なんか反論あっか? -- 通りすがりの人? 2016-08-06 (土) 23:54:19
      • なぜそんな大人の対応を捨てて荒らそうとするのか
        落ち着こうぜ -- 2016-08-07 (日) 05:47:13
      • 褒め言葉の意味で書いたつもりだったんだが、邪推された。

愚痴ったつもりは無く、単に一番使用率の高い武器だという意味なんだが。 -- 2016-08-08 (月) 22:40:32

  • 『ここはアンタの愚痴を書く場所じゃねぇ』
    これ矛盾してね?だってコイツのコメントはL8と何の関係も無い。

まだ1のコメントはL8の使用感のコメントだが、コイツのコメントは完全に鬱憤晴らし。 -- 2016-08-09 (火) 06:16:08

  • クラメンがL86で初弾HS決めてくるのですが
    どうやれば出来るようになれますか? -- 2016-09-12 (月) 18:06:41
    • 練習しましょう。トレーニング→AI eazy→AI normal→AI hard→AI hellの順にタップの練習をしていきましょう。低難度の内はヘッドショットラインを意識しながら、高難度になるにつれ置きaimやドラッグの速さを意識するようにしながらやるといいです。
      ちなみに、初弾の精度はあまり良くないので距離を詰めておく必要があります。
      木主のやりたいこととズレるかもしれませんが、単発bobo撃ち+しゃがみで成功率が上がります。 -- 2016-09-12 (月) 19:09:00
  • Aimしないほうが集弾性よく感じてしまうのは私だけだろうか・・・ -- 2017-07-16 (日) 14:09:29
  • AR,SR,SMG主体のゲームだが、LMG使うのもまた新鮮な
    感じがする良武器。

メリットとしては、
与衝撃、遠距離、複数なぎ倒し -- 2017-10-23 (月) 19:20:38

  • Mk3を入手したので使ってみた。移動速度4.2は想像以上に快適に感じた。当たり前の話だが、射撃ポジションへの移動、グレなどからの回避が同銃のMk1にくらべて遥かに行いやすい。自分の場合は、それによって生存率がかなり向上した。弾数は減っても与ダメージ力が減ってないのも嬉しい。(弾がなくなれば、落ちてる武器を拾えばいいわけだし。)ダムTDMなどMG系が得意なMAPのみならず、爆破・奪取・脱出MAPでも使いやすくなったと思った。 -- 2018-08-24 (金) 01:46:18
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White



ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS